Istock 539482000

当社が考えるM&A

M&Aはもはや戦略的な企業経営において不可欠な選択肢となりました。

かつてマネーゲームのようなトランザクションが相次いでクローズアップされたこともあり、これまでわが国の社会ではM&Aに対してけっしてよいイメージはありませんでした。

しかし、それはあくまでも一面に過ぎず、M&Aの本質とは異なることは言うまでもありません。 30年、50年という長い歩みの中で、企業は必ず自らの力だけでは対応できない大きな節目に出会います。

さらなる成長を目指すためには外部から新たなパワーを必要とする場合はもちろん、逆に再生のために余剩な力をそぎ落とさなければならない局面もあります。

M&Aは、このような局面を打破していくためのきわめて有効な手段です。内部統制を内科療法にたとえるならば、M&Aは企業を継続的に存続・成長させていくための外科手術のような存在です。

経営資源を効率的に活用していくための絶対不可欠な戦略なのです。